ネクストモバイルを実際に契約して大解剖

ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト

ポケットWi-Fi

ポケットWiFi・無制限はおすすめできない!誰も書かない本当の理由

更新日:

ポケットWi-fiを持つなら、気兼ねなく好きなだけデータが使えるものがいいですよね。

そこでどのようなポケットWi-fiが良いかと考えたとき、誰もが思いつくのが「データ使用無制限」のポケットWi-fiではないでしょうか。

その中でも有名なものはWiMAX(ワイマックス)で、ネットで無制限のポケットWi-fiを検索するとたくさんのプロバイダーが表示されます。

そのため、ほとんどの人はWiMAXのポケットWi-fiは「無制限」と思っているかもしれませんが、実は「無制限ではない」のです。

「データ無制限のポケットWi-fiはないのか...」とがっかりする必要はありません。

データ無制限に匹敵する本当のおすすめがあるからです。

この記事では、なぜワイマックスがデータ無制限と言われているのか、なぜワイマックスをおすすめしないのか、また本当のおすすめポケットWi-fiは何なのかを徹底的に解説していきます。

ポケットWi-fiを検討中の人は、契約前にこの記事を最後まで読むことをおすすめします。一度契約すると、数年間は解約できない、もしくは解約金を支払わないといけません...。

それでは、さっそく無制限のポケットWi-fiの実態を探っていきましょう。

そもそも無制限のポケットWiFiなんてあるの?

まずはじめにもう一度。ワイマックスはデータ無制限ではありません。そして、使用できるエリアもかなり限られています。

それでも使用するエリアによっては使い心地は悪くないので、ワイマックスを満足して使用している人はたくさんいます。

その一方で、いろいろなサイトで宣伝しているようなスピードや繋がりやすさを感じられず、契約してしまったことを後悔している人が多くいることも事実。

ワイマックスがデータ無制限ではなく、使い心地にもムラがあるなら、他にデータ無制限で使用できるポケットWi-fiを探せば良いだけでは?と思っていますか?

たしかにそうです。ポケットWi-fiサービスを提供している会社はたくさんあるため、その中にはデータ使用無制限のポケットWi-fiも存在します。しかし、データ無制限プランを提供している企業は小規模でマイナーなところばかりというのが現実。

ポケットWi-fiは通常数年間の契約を結ばないといけないので、信用度がまだ低いマイナーな企業とは私自身契約したくありませんし、おすすめもしません。

その前に、データ無制限ではないワイマックスがデータ無制限のポケットWi-fiとして多くのサイトで紹介されているのはなぜなのかも不思議だと思いませんか?

これには理由があり注意してもらいたい点もあるので、のちほど詳しく説明します。

なんで本当のことを書かないの?

ワイマックスのポケットWi-fiは本当はデータ無制限ではないのに、「データ無制限」として多くのサイトで紹介されています。

なぜ嘘の記事を載せてまでワイマックスのポケットWi-fiを紹介するという事態が起こっているかと言うと、それはワイマックスを「売りたい」またワイマックスが「売りやすい」からです。

なぜワイマックスを売りたいのか、理由についてひとつずつ見ていきましょう。

そのサイトを経由して契約すると成果報酬がもらえるから

インターネットでポケットWi-fiを紹介するのは、ほとんどそのポケットWi-fiを売るため。

そのウェブサイトを通してポケットWi-fiの契約が結ばれれば、ウェブサイトのオーナーにいくらかの報酬が入ります。いわゆるアフィリエイトです。

アフィリエイトのことを知らない人のために、ざっくりアフィリエイトの説明をしておきます。

アフィリエイト(Affiliate)は別名、成功報酬型広告。他にも、アフィリエイト・マーケティング、アフィニティ・プログラム、アソシエイト・プログラム、アフィリエイト・プログラム、アフィリ、アフィなどと呼ばれています。

アフィリエイトとは、インターネットのウェブサイト上における広告形態のことをさします。ウェブサイトに設置された広告を見た人がその商品を購入した場合、客引きの成功報酬が与えられるという一連の形態のこと。

発祥の地はアメリカで、1996年に開始されたAmazon.comのアソシエイトプログラムがアフィリエイトの始まりと言われています。

日本では1999年にValue Commerce(バリューコマース)がアフィリエイトプログラムを最初に開始しました。

その後2000年にファンコミュニケーションズが「A8.net(エーハチネット)」を開始したことにより、個人でのアフィリエイトも盛んに。

今では主婦がお小遣い稼ぎに行なっていることもあるほど、一般に広まりました。

このように多くの人がアフィリエイトから報酬を得ており、ポケットWi-fiもそのひとつなのです。

このサイトにも広告は掲載しています。しかし、嘘を書いてまで商品を売ろうとする気はありませんし、本当のことしか書いていません。

納得して本当に必要だと思った人だけ、契約してもらえれば良いという考えです。

UQ WiMAXはCMも流れていて有名、売りやすいから

アフィリエイトもビジネスなので、できるだけ「売れるもの」「売りやすいもの」を紹介したいと思うのは当然のこと。

ワイマックスはUQコミュニケーションズが莫大な費用をかけて大量の広告を投入しているため、世間に広く知られています。

テレビでは繰り返しCMが流され、街の野外広告はあらゆる場所に設置してあります。

インターネットを使っている人で、知らない人はいないのではないでしょうか。インターネットを使ったことがなくても、名前は知っているでしょう。

「みんなが知っている」=「売れやすい」

多くの人は有名なものや多くの人が使っているものを好んで使います。前例がないものを使用して失敗したくないためです。

そのため、「たくさんの人にすでに知られている」ワイマックスのポケットWi-fiは、とても売りやすいのです。

そのような理由から多くのアフィリエイターがこぞって「ワイマックスのポケットWi-fi」を宣伝しています。

そして、紹介するからにはポケットWi-fiを1台でも多く売りたいので、できる限り魅力的な言葉で紹介しようします。

売りたいという気持ちが強いあまり、ポケットWi-fiを紹介するときに事実を少し捻じ曲げてしまったり、大げさに表現してしまったりする人が出てきているのです。

もしくは、他のサイトでの紹介方法を鵜呑みにして、自分で詳しく調べずに紹介記事を書いた結果、紹介者自身もワイマックスはデータ無制限と信じて紹介しているというケースもあるかもしれません。

WiMAXは成果報酬が高いから

ワイマックスが有名で売りやすいという理由の他にも、大きな理由がもうひとつあります。

それは、「アフィリエイトの成功報酬の金額が高い」ということ。

例えば、ブロードワイマックスを紹介して、自分のウェブサイトを通して契約してくれた人がいた場合、4,500円〜5,000円の成功報酬がもらえます。

月に20人契約をしてくれた人がいたら、それだけで「約100,000円」の報酬を稼げるということです。

記事を書いたあともウェブサイトにより多くの人が訪れてくれるような仕組みを作ったり、記事の更新をしないといけなかったりします。

しかし、基本的には一度記事を書いてしまえばあとは、ウェブサイトを訪れてくれた人がポケットWi-fiを契約してくれるのを待つだけ。

同じ記事を書くなら、成功報酬が高い方が良いというわけです。

無制限ポケットWiFi?WiMAXの真実

ここまでワイマックスがなぜ盛んに宣伝されているのか、その秘密について解説してきました。

それでは、ワイマックスがデータ無制限と呼ばれる理由は何なのでしょうか?また、なぜ実質無制限ではないのかについて説明していきます。

3日10GBの制限は結構キツイ

ワイマックスには下記のようなプランが用意されています。

  • ライトプラン
  • ギガ放題プラン

ライトプランは月間データ容量を7GBまで使用することができるプラン。7GBは動画を観る人であればすぐに使い切ってしまうデータ量です。

7GBまでという制限があるので、もちろんデータ無制限でもありません。

多くのアフィリエイターが勧めているのは、もうひとつのプランである「ギガ放題プラン」。

月間データ容量無制限で使用できるプランです。最初の3ヶ月は2,726円、3ヶ月以降は3,411円で使用できるというとてもお得なプラン。

ギガ放題プランは月間データ容量無制限?今まで言っていたことと矛盾していますよね。

ここがポイント。ワイマックスのギガ放題プランはたしかに月間データ容量は無制限なのですが、条件付きなのです。

その条件とは...

「3日で10GB制限」

スマートフォンを使用している人ならば知っている人も多いと思います。そうです、あの「3日間データ制限」です。

前日までの直近3日間でWiMAX 2+とLTE方式の通信量を合計10GB以上使った場合、データの速度が制限されるというもの。

具体的にはネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃まで)にかけてWiMAX 2+とLTE方式の通信速度がおおよそ1Mbpsに制限されるという規則です。

実際には1Mbpsの速度さえ出ないこともあるようなので、動画はおろか、SNSでの写真の送信でもストレスを感じるレベル。

3日間のデータ制限があるということは、「実質的には無制限ではない」のです。上記のような制限がしっかりあります。

このような理由からワイマックスは「実質」データ無制限ではないのです。

3日間の制限をかけられると日常生活で困るので、スマートフォンのデータはあまり使用しないようにしているという人もいるのではないでしょうか。

また、データを思いきり使用したいから、スマートフォンのほかにポケットWi-fiを契約を考えていることと思います。

それなのにワイマックスと契約してみたら、「結局速度制限があった」ということに気づき、契約したことを後悔する人が続出しているのです。

無制限エリアをはずれれば月間上限7ギガ

ワイマックスには下記の3つのモードがあります。

  • ノーリミットモード
  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード
通信モード 対応通信方法 最大速度 メリット デメリット
ノーリミットモード WiMAX 13.3Mbps プランに関わらず、通信制限なしで利用可 回線縮小のため、2018年を目処に利用できなくなる
ハイスピードモード WiMAX2+ 110Mbps/220Mbps/440Mbps 高速通信が可能。ギガ放題で月制限なく使用できる プランに関わらず3日10GB制限がある
ハイスピードプラスエリアモード WiMAX2+au4GLTE 75Mbps/370Mbps 安定した携帯電話回線を使用 プランに関わらず月間7GB、3日間10GB制限あり

上記の表からわかるように、実質通信制限なしで使えるのは「ノーリミットモード」のみ。

しかし、ノーリミットモードは通信速度は最大で14Mbpsと遅く、2018年を目処に利用を停止する予定で、回線をどんどん縮小しています。以前は使えていたエリアなのに使えなくなったという人もいると思います。

対応している端末もWX02のみで、もちろん対応端末が今後発売される予定もありません。

そのため、ノーリミットモードは実質使えないモード。

ハイスピードモードはギガ放題プランを契約すると、WiMAX2+での通信が、無制限で使用できるというもの。

ワイマックスの多くの使用者はハイスピードプランをメインに使用することが多いでしょう。

もちろん説明したとおり、3日間で10GBの制限はあるので実際は無制限ではありません。

しかし、3日間で10GBの制限に引っかからないようにうまく使用すれば、無制限のように使用することも可能ではあります。

最後にハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+の回線にプラスして、高速ワイドエリア回線であるau 4G LTEも使用できるというモード。

3つのモードの中で最強のモードになります。

安定したauの電話回線を使用するので、広い範囲で使用することができ便利ですが、月間のデータ使用料の制限があります。

それもたったの7GB。

これもワイマックスがデータ無制限ではないというひとつの理由です。

どこでも使える4G/LTEで7ギガを超えるとめちゃくちゃ遅くなる

ハイスピードプラスエリアモードは高速のワイマックス回線とどこでもつながるau LTE回線を使用できる最強のモードです。

月間7GB以上をハイスピードプラスエリアモードで使用すると、月末で速度制限がかかると説明しましたが、どの程度の速度だと思いますか?

答えは、128Kbps。

さらに厳しいのが、この制限がハイスピードモードにも同様にかかってくるということ。

ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上使用してしまうと、たとえモードをハイスピードモードに変更しても同じように128Kbpsの制限がかかっているのです。

128Kbpsという速度は3日10GBで行われる1Mbpsの速度制限度どころではありません。「実質何もできない」状態になってしまうということです。

結論:WiMAXは無制限ではない

「ワイマックスが無制限」というのは完全な嘘ではありません。その言葉自体は嘘ではないのです。

しかし、「条件付き」の部分をきちんと説明していなかったり、サラッと説明してあまり目立たないようにしたりしていることがトリック。

多くの人は月にいくらでも高速データを使用できると思って契約してしまっているのです。

もちろん契約した人にも責任があり、公式サイトなどできちんとすべての条件を理解してから契約をするのが本当です。

しかし、契約者が誤解するようなやり方でポケットWi-fiの紹介をするのは正しいこととは言えません。

販売(宣伝)する立場の人は、どんな商品でもメリット、デメリットの両方を含めた真実をきちんと説明した上で宣伝を行ってもらいたいものですね。

本当に無制限のポケットWiFiはあるけど・・・

はじめに少し説明しましたが、データ無制限のポケットWi-fiは存在します。例えば下記のポケットWi-fiです。

  • FujiWiFi
  • StarWiFi

2社とも名前も聞いたことのないポケットWi-fiでしたが、実際に契約して使用してみました。

私が使用して感じたことなどを含め、上記2社のポケットWi-fiについて詳しく説明していきます。

FujiWiFiについて

Fujiwifi(フジワイファイ)とは、ウェブ上から簡単に申し込みができるポケットWi-fiのレンタルサービス。

ワイマックスなど他のポケットWi-fiと大きく違う点は「レンタルサービス」という点です。

モバイルWi-fiのルーターを買い取ったり、月割りで端末代を支払って最終的に自分のものになったりするわけではなく、Wi-fiルーターやSIMカードを借りるだけということです。

Fujiwifiにはさまざまなプランが用意されていて、長期の契約期間縛りがないのは良い点といえるでしょう。

それでは、プランや特徴について詳細を説明していきます。

様々なプランが用意されている

Fujiwifiには大きくわけて2つのプランがあります。ひとつはルーターごとレンタルする「ルータープラン」、もうひとつはSIMカードのみをレンタルする「SIMプラン」です。

また、ルータープランの中にはソフトバンクの4G/LTEを使用したプランのほかに、ワイマックスのギガ放題を使用できるプランもあります。

ルータープラン

  • 4G/LTEいつも快適プラン
  • 200GBプラン
  • 100GBプラン
  • 50GBプラン
  • 25GBプラン
  • WiMAX2+ with4G/LTEプラン

SIMプラン

  • 200GBプラン
  • 100GBプラン
  • 50GBプラン
  • 20GBプラン

ルータープラン、SIMプランのどちらにも上記に加えて、「おまとめプラン」があります。

おまとめ期間終了後は、一ヶ月ごとの自動更新になり、期間終了後の月額料金は、申込み時に選択したプランの「月額実質料金」になります。

通常プラン、おまとめプランを含め一覧にしましたので、チェックしてみましょう。

ルータープラン

料金 月額料金(通常プラン) 月額料金(おまとめプラン) 初期費用
4G/LTEいつも快適プラン 6,000円 4,980円〜 2,000円
200ギガプラン 4,800円 4,280円〜 2,000円
100ギガプラン 3,800円 3,280円〜 2,000円
50ギガプラン 3,100円 2,680円〜 2,000円
25ギガプラン 2,500円 2,180円〜 2,000円
WiMAX2+ with au4G/LTEプラン 2,980円 なし 2,000円

※料金はすべて税別

  • 4G/LTEいつも快適プラン(無制限プラン)
    こちらがお目当のデータ無制限プラン。いくら使用しても一切制限なく、使い放題です。固定回線代わりに使用したい人や高画質動画をたくさん観る人向け。

月額料金:6,000円
おまとめプラン:4,980円〜5,700円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 17,100円 33,000円 47,700円 64,740円
月額実質料金 5,700円 5,500円 5,300円 4,980円
  • 200ギガプラン
    100GBでは心配だけど、200GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:4,800円
おまとめプラン:4,280円〜4,700円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 14,100円 27,600円 40,500円 55,640円
月額実質料金 4,700円 4,600 円 4,500円 4,280円
  • 100ギガプラン
    50GBでは心配だけど、100GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:3,800円
おまとめプラン:3,280円〜3,700円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 11,100円 21,600円 31,500円 42,640円
月額実質料金 3,700円 3,600円 3,500円 3,280円
  • 50ギガプラン
    25GBでは心配だけど、50GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:3,100円
おまとめプラン:2,680円〜3,000円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 9,000円 17,400円 25,200円 34,840円
月額実質料金 3,000円 2,900円 2,800円 2,680円
  • 25ギガプラン
    25GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:2,500円
おまとめプラン:2,180円〜2,400円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 7,200円 14,100円 20,700円 28,340円
月額実質料金 2,400円 2,350円 2,300円 2,180円
  • WiMAX2+ with au4G/LTEプラン
    ワイマックスのギガ放題が楽しめるプラン。

月額料金:2,980円
おまとめプラン:なし

SIMプラン

料金 月額料金(通常プラン) 月額料金(おまとめプラン) 初期費用
200ギガプラン 4,800円 3,980円〜 2,000円
100ギガプラン 3,800円 2,980円〜 2,000円
50ギガプラン 3,100円 2,480円〜 2,000円
20ギガプラン 2,400円 1,980円〜 2,000円

※料金はすべて税別

  • 200ギガプラン
    100GBでは心配だけど、200GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:4,800円
おまとめプラン:4,200円〜4,700円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 14,100円 27,000円 38,700円 51,740円
月額実質料金 4,700円 4,500 円 4,300円 3,980円
  • 100ギガプラン
    50GBでは心配だけど、100GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:3,800円
おまとめプラン:3,280円〜3,700円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 11,100円 21,000円 29,700円 38,740円
月額実質料金 3,700円 3,500円 3,300円 2,980円
  • 50ギガプラン
    25GBでは心配だけど、50GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:3,100円
おまとめプラン:2,680円〜3,000円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 9,000円 17,400円 25,200円 32,240円
月額実質料金 3,000円 2,900円 2,800円 2,480円
  • 20ギガプラン
    25GB以上は使わない人向けのプラン。

月額料金:2,500円
おまとめプラン:2,180円〜2,400円

おまとめ利用期間 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 13ヶ月
一括支払金額 7,050円 13,500円 19,350円 25,740円
月額実質料金 2,350円 2,250円 2,150円 1,980円

無制限プランもある

料金一覧で紹介したようにフジワイファイには無制限プランがあります。ソフトバンク回線の4G/LTEで、ワイマックスのような3日間で10GB制限もなし。

実際に1日で10GB以上使用してみましたが、速度の制限はかかりませんでした。

ソフトバンク回線なのでどこでもつながるところも良いところですが、月額料金が6,000円は少し高く感じます。

おまとめプランで一括で支払うと最低4,980円とそこそこ安い値段になりますが、13ヶ月分一気に支払うのは結構大変ですよね。

端末がレンタル形式で、紛失・盗難があれば弁済金が発生する

ポケットWi-fiの端末は購入ではなくレンタル。そのため、もし盗難にあったり、紛失してしまったりした場合は弁済金を支払う必要があります。

【ルータープラン弁済金一覧】

貸与機器 金 額
本 体 安心サポート補償範囲内(弁済金20,000円)
電池パック 安心サポート補償範囲内
背面カバー 安心サポート補償範囲内
SIMカード 4,000円(税別)※安心サポート補償範囲外
USBケーブル 200円(税別)※安心サポート補償範囲外

【SIMプラン弁済金一覧】

貸与機器 金 額
SIMカード 4,000円(税別)※安心サポートPremium for SIM加入の場合 2,000円(税別)
SIMカードケース一式 800円(税別)※安心サポートPremium for SIM補償範囲外

安心サポートに加入していれば、破損、落下、水没などによる故障時のルーターの弁償金は無料。ただし、本体またはSIMカードの紛失や盗難の場合は、安心サポートPremiumに加入していなければ保証されません。

また、紛失による代替機の請求は年に一回まで。物をなくしがちな人にはリスクが高いポケットWi-fiと言えますね。

運営企業がまったく無名

フジワイファイの運営会社は「株式会社レグルス」。人材派遣事業や通信代理店事業を行なっている会社です。

【株式会社レグルス会社概要】

社名: 株式会社レグルス
設立: 2010年9月
代表者: 代表取締役社長 舟倉 圭一
所在地: 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-35-7 平文社ビル 3F
TEL: 03-5981-5450(代表)
FAX: 03-5981-5451
資本金: 30,000,000円
事業内容: 人材総合サービス事業
有料職業紹介許可番号: 13-ユ-307872
労働者派遣事業許可番号: 13-306636

2010年に設立した会社で東京の豊島区に本社を構えています。つい最近できた会社というわけではないようですし、企業理念やビジョンもしっかり打ち出している会社です。

しかし、正直初めて聞く会社名でした。

この記事を読んでいる人の中でもこの会社の人を知っているという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

どちらかというと、人材派遣サービスや転職支援サービスがメインの会社のようなので、同じ業界の人であれば知っているかもしれませんが、ポケットWi-fi業界では名は知られていません...。

また、会社のホームページはちゃんとありますが、口コミのようなものが出てこないので、やはり知名度は低いようです。

人材派遣や転職支援業務がメインでポケットWi-fiがサブの事業だとすると、もしかしたらポケットWi-fiの事業は潰れてしまうこともあるかもしれません。

運営企業が無名というだけでなく、いつどうなるか分からないという点でも不安が残ります。

基本的にはレンタル契約で、端末に何かあったら弁償しないといけないことも含め、あまりおすすめできるポケットWi-fiではありません。

結論としては、情報を収集するのが得意な情報強者で、何か問題が起こったときに自分で解決する自信がある人向けのポケットWi-fiですね。

StarWiFiについて

STAR WiFi(スターワイファイ)は下記の特徴を備えたポケットWi-fi。

  • 契約期間の縛りなし
  • 容量無制限
  • 完全定額
  • データ通信の日にち制限なし
  • 3日間制限なし
  • SoftBank回線使用
  • 工事・プロバイダ契約不要
  • 設定簡単で届いたら即使用可能
  • 同時契約で2台目以降事務手数無料

とにかく大容量を安く使えることが売りのようですが、どのようなポケットWi-fiなのか詳細を説明していきます。

プランは一択、無制限のみ

料金プランはとても分かりやすく、定額制でひとつしかありません。

通常月額料金:4,480円(税抜)

クーポンを使用して申し込むとずっと特別月額料金になるということなので、実質下記の料金になります。

特別月額料金:3,680円(税抜)

その他に初期費用として、下記の料金がかかってきます。

  • 契約事務手数料:2,980円(税抜)
  • 端末新規登録料:4,980円(税抜)

さらに月額オプションが用意されているのですが、申し込み時にオプションの選択を外すことはできません。

実質強制加入です。もし解約したい場合は、カスタマーサービスに連絡をしなければいけません。

多くの人はオプションに入っていることに気付いてなかったり、後で解約しようと思って忘れてしまったりします。

これはオプションの解約忘れを狙って、わざとこのような仕組みにしていると思います...。

オプション内容と金額は以下のようになっています。

【安心保障】
Wi-fiルーター本体の盗難、紛失、故障などを保障するオプション。

月額料金:500円(税抜)

  • 本体、背面カバー:保障対象
  • 電池パック:申し込みから6か月以内
  • 盗難、紛失:2年に1度まで
  • SIMカード、USBケーブル:保障対象外

【ウイルス対策セキュリティ追加】

月額料金:500円(税抜)初月無料
手持ちのPC、スマホ、タブレット端末3台分までセキュリティ対策ソフト導入が可能なオプション。

付属品はSoftBank 純正急速充電ACアダプター(Type-C)を契約時に同時申し込みすると、1,980円(税抜)で購入ができます。

さらに、はじめて利用する人は、お試しプランを選ぶことが可能。

【7日間お試しプラン STAR-7】
7日以内の返却で契約事務手数料、規端末登録料、月額使用料が不要になります。ただし、手数料980円(税抜)だけは払わなければいけません。

お試しプランで契約しても返却日が7日を過ぎると自動的に通常契約に移行されてしまうので注意が必要。

また、お試しプラン期間内は安心保証の適用ができないということなので、壊してしまった場合を考えるとリスクが高い気もします。

月額料金は安い!でも初期費用が高い

クーポンを使用することで適用される特別月額料金はかなり安いです。データ無制限で3,680円はなかなか見つからないでしょう。

しかし、あえてクーポンコードを利用させるというところに若干悪意を感じます...。

また、月額料金は安いのですが、初期費用は結構かかります。合計で約8,000円するので、ほかのポケットWi-fiと比べると高い部類になります。

また、あとで解約できるとはいえ、オプションに強制加入させるという点にも好感は持てませんね。

運営企業がまったく無名

スターワイファイの運営企業は、株式会社ツボスタ。本社は愛知県の北名古屋市にあるようです。

【株式会社ツボスタの会社概要】
会社名:株式会社ツボスタ
代表者名:坪内 禅
所在地:愛知県北名古屋市九之坪中町25-101
TEL:050-5328-7035 ※電話での問い合わせ対応はなし
E-mail:info@starwifi.jp

代表の坪内禅さんの職歴がネット上で公開されていて、株式会社ツボスタの代表取締役が「2017年9月1日〜現在」と記載されているので、株式会社ツボスタは2017年の9月に創業した可能性が高いです。

まだ約1年ほどの若い会社ですね。株式会社ツボスタを始める前はTFG東海フットサルガイドやスポーツプランナーを行なっていたようです。

法人情報のページにいくつか登録されているのですが、どこのページも資本金や創業日などの詳細は登録されておらず、情報が少ないです。

創業したばかり、名前を聞いたことがない、会社の詳細情報もわからないといった状況なので、相当な情報強者以外は契約することをおすすめしません。

電話番号が050番号であること、また電話での問い合わせ対応がなしというところも不安材料。何か起こってもすぐに連絡を取れるか分かりませんし、すぐに対応できる人員を揃えているのかも不明です。

問題が起きたときに自分で解決するのが大好きという人以外はやめておきましょう。

無制限のポケットWiFiルーターはおすすめできない

結論として、データ無制限のポケットWi-fiで現時点でおすすめできる会社はありません。

ワイマックスは実質無制限ではない上に、どのサイトも「無制限には条件がある」という肝心な点を記載していなかったり、ぼかして書いたりしています。

ワイマックスを売るために情報をぼかすアフィリエイターが大勢いて、その状況をそのままにしているワイマックスがいるという構図です。信用度が下がってしまいますよね。

また、数少ない本物の無制限ポケットWi-fiは運営母体が無名だったり、少しあやしい点があったりするので、相当の情報強者でない限りおすすめできない状況です。

でも、がっかりしないでください。最初に約束したように、無制限のポケットWi-fiに匹敵するおすすめのポケットWi-fiがあるからです。

それでは早速、さまざまなポケットWi-fiを実際に使用したことがある私がおすすめするポケットWi-fiを紹介していきます。

1番のおすすめはネクストモバイル

私の一押しのポケットWi-fiは「ネクストモバイル」。ネクストモバイルは他を圧倒するメリットがたくさんあるからです。

とてもおすすめなネクストモバイルですが、条件的に良いとは言えない点もしっかり伝えたいので、あえてデメリットから紹介したいと思います。

唯一のデメリットはプラン変更できないこと

大容量のポケットWi-fiであるネクストモバイルの唯一のデメリットは、プランが変更できないということ。

契約時に50GBプランで契約すると、契約期間が終わるまで一切プランを変更することはできません。

もしどうしても途中でプランを変更したい場合には、解約手数料を支払って一度解約するしかないという状況。

使用している間に状況が変わったり、思っていたよりデータを使用しなかった、など後々プランを変更したくなることはよくあることです。

途中で変更できるとわかっていれば気軽にプランを決めることができるのでありがたいのですが...。

しかし、ひとつだけ手はあります。それは初期契約解除制度を使用すること。

これはプラン変更のために用意された制度ではなく、いわゆるクーリングオフ制度です。端末到着後8日以内に手続きを行うことで、契約解除料を支払うことなく契約を解除することができます。

一度初期契約解除制度を使用して契約を解除したあとに、新しいプランで契約し直すという方法です。

しかし、できれば使用したくない制度なので、ネクストモバイルでポケットWi-fiを契約する場合は、どのプランにするかしっかり考えることが重要。

そもそも無制限のポケットWi-fiを探している人は、20GBプランや30GBプランでは物足りないと思うので、50GBプラン一択になると思います。

無制限じゃないけど最大50ギガの大容量ルーター

ネクストモバイルには下記の3つのプランがあります。

  • ギガネクスト 20GBプラン
  • ギガネクスト 30GBプラン
  • ギガネクスト 50GBプラン

この中で無制限のポケットWi-fiを探している人におすすめなのは、「ギガネクスト 50GBプラン」。50GBといったらどんなことができるか知っていますか?

例えば、たった1GBでも下記のようなことができます。

  • メール送信......60万通
  • ネット検索......約10,400回
  • マップ使用......約280回
  • 低画質動画視聴......約17時間
  • LINEトーク......約10万回

また、50GBを30日で割ったとすると、1.67GB。これは高解像度の動画を約2時間見られるデータ量なんです。

でも、毎日映画を観る時間がある人はなかなかいないですよね。週末だけ映画を観て、普段はネット検索、YouTubeの標準動画、SNSの送信くらいであれば、有り余るほどのデータ量なのです。

そう考えると多くの人にとってネクストモバイルの「ギガネクスト 50GBプラン」は、データ量で比較して無制限と変わらないということに。

ほぼ無制限のように使えるおすすめのポケットWi-fiなのです。

ソフトバンク回線でどこでも使える

ネクストモバイルはソフトバンクの回線を使用しています。そのため、日本全国つながらないところはほぼなく、人口カバー率は99%。

ワイマックスはワイマックスの独自回線を使用しているので、ソフトバンクなどの携帯電話に使用されている回線に比べると、使用できるエリア
限られてしまいます。

ワイマックスは都会では問題なく使用できますが、田舎に行くと全くつながらないということも起こりうるのです。

また、ワイマックスのデメリットとしてあげられるのは、地下や建物内に弱いということ。一方ソフトバンクの回線は地下でも建物の中でも問題なく使用できます。

実際の速度はかなり速くて安定している

ワイマックスは速度が速いというのが売りで、公表している最高速度も440Mbpsとかなりのスピード。

しかし私が実際使った感覚としては15〜18Mbps程度で、実際そこまでのスピードは出ませんし、エリアを外れると考えられないほど遅くなることもあります。

ネクストモバイルはどこでもつながる上に、私が実際に使った感覚で30〜60MBpsという十分速い速度が出ます。

全体的にはネクストモバイルのほうが速いと感じることの方が多いです。

3日間の速度制限がない

ネクストモバイルの大きなおすすめポイントのひとつが「3日間の速度制限」がないということ。

ワイマックスは3日間で10GB制限があり、他のポケットWi-fiも3日間の速度制限があるところは多いので、3日間の速度制限がないということは大きなメリットなのです。

もちろん3日で50GBを使ってもその間速度制限はかかりません。

ただ、月間容量である50GBを超えた場合は速度制限がかかり、スマートフォンの速度制限と同じように128Kbpsに制限されてしまいます。

速度が制限されるだけで、無限に課金されるわけではないのでお金という観点では安心です。

運営企業が通信系では有名企業で安心

ネクストモバイルの運営会社は、株式会社グッド・ラック。

【会社概要】
会社名:株式会社 グッド・ラック
代表取締役:伊藤 孝将
設立日:平成22年3月17日
本社住所:〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2
TEL:0570-015-154(総合ナビダイヤル)/0120-020-015(解約専用FD)
E-MAIL:support@next-mobile.jp
事業内容:インターネット接続サービス/インターネット会員サービス/その他インターネット関連事業
事業者区分:D-27-00408

株式会社グッド・ラックの親会社は株式会社ALL CONNECT(株式会社オールコネクト)です。どちらも名前の知られた有名企業なので安心感があります。

【会社概要】
会社名:株式会社 ALL CONNECT(オールコネクト)
本社:〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2
TEL:0776-31-2100(代表)
東京支社:〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目2番33号 白雉子ビル7F
新宿営業所:〒163-1342 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号 新宿アイランドタワー42階
設立:2005年4月21日
資本金:5億6,510万円 資本金及び資本準備金の額(2015年5月末現在)
連結売上高:255億円(2018年2月期)
〈役員〉
代表取締役社長 岩井 宏太
スタッフ数:583人(2018年4月末時点)
事業内容:スマホEC事業/オウンドサービス事業/ライフイノベーション事業
取引銀行:福井銀行/商工中金/三菱東京UFJ銀行/北國銀行/北陸銀行

私も実際に株式会社ALL CONNECT会社を訪問したことがありますが、部長さんをはじめ営業のみなさんもとても感じの良い人たちばかりでした。

ネット上でたまにあやしいと書いている人がいますが、何もあやしいことはない普通の良い企業です。

あやしいと言われることになった理由として、「料金の支払いがネクストモバイルからこない」ことがあると思います。

ネクストモバイルの請求は運営会社である株式会社グッド・ラックからではなく、「株式会社リンクライフ」からくるからです。

ネクストモバイルは利用料金収納の代行を株式会社リンクライフに外部委託しているため、クレジットカードの明細書の請求者欄には「リンクライフ」という企業名が記載されます。

そのため、あやしいと思った人が出てきたのだと思います。

ちなみに利用料金収納代行をしている株式会社リンクライフも株式会社ALL CONNECTの子会社で、株式会社グッド・ラックのグループ会社です。

最後に

無制限のWi-fiについての真実と、本当におすすめなポケットWi-fiを紹介しました。

まとめると以下のような内容になります。

  • ワイマックスのポケットWi-fiは無制限ではない
  • ワイマックスはアフィリエイターによって事実をぼかして紹介されていることが多い
  • ワイマックスは3日間で10GB制限がある
  • ワイマックスのハイスピードプラスエリアモードでは7GBの制限がある
  • 本当の無制限のポケットWi-fiは運営会社が無名で契約に不安があるのでおすすめしない
  • ネクストモバイルの50GBプランはほぼ無制限のようなもの
  • ネクストモバイルは3日間の制限がない
  • ネクストモバイルの運営会社は有名企業で安心
  • ネクストモバイルはどこでもつながる
  • ネクストモバイルは速度も十分

結論として、無制限のポケットWi-fiでおすすめできるものは残念ながら今のところありません。

代わりにおすすめするのは、無制限のように使用出来るネクストモバイルの50GBプラン。

契約期間も2年間と比較的短いほうなので、一度試してみるのはいかがですか?

-ポケットWi-Fi

Copyright© ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.