ネクストモバイルを実際に契約して大解剖

ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト

ポケットWi-Fi

FUJI WiFi|フジワイファイ実使用レビュー。エリア,料金 ,速度と評判まとめ

更新日:

フジワイファイをご検討中の皆さん、こんにちは。

当サイト、最近はイチオシのWi-Fiであるネクストモバイルを猛プッシュしておりますが、最近また気になるWi-Fiを見つけてしまいました。

それが、フジワイファイ(FUJI WiFi)です。

正直、おすすめのネクストモバイルにも負けていないと感じる、それほどにコスパの良いWi-Fiルーターなんです。

その良さにつられてさっそく、契約してしまいました!

既に手元に届いております。

今回は4G/LTEというプランでの契約です。

ということでこの記事では、フジワイファイの概要について調べた結果を性能も含めてざっくりと把握できるようにご紹介していきます。

通信エリアは十分、通信速度は普通に速く、なにより料金がかなり安いというなかなかに穴場のWi-Fiです。

詳細は本文にてお伝えしていきますね。

契約した結果の実使用レビューも含めて、評判や口コミも書いていきますのでご検討中の方は参考になるかと思いますよ!

 

ざっくりフジワイファイの特徴

それではさっそく、フジワイファイの特徴についてざっくりとご紹介していきます。

まずは分かりやすく箇条書きで書いてみました。

  • フジワイファイは、レンタルのモバイルWi-Fiルーター
  • 契約期間の縛りは全くナシ。単月利用可能。
  • 途中でプランの変更が可能
  • プラン①:4G/LTEのプランはエリアが広いのが特徴で使い放題もあり
  • プラン②:WiMAXプランは非常に安い
  • データ容量(同じギガ数)で比較すると、業界最安級

これらの特徴について、この記事では詳しく解説していきます!

 

料金プランを解説

それでは契約を検討する際に一番気になるであろう料金プランを、まず最初に説明しておきましょう。

まず、フジワイファイには大きく2つ「ルータープラン」と「SIMプラン」が設定されています。

簡単に書いておくと、「ルータープラン」はルーター本体+SIMカードを貸し出す通常のポケットWi-Fiの形で、「SIMプラン」はSIMカードのみで契約する形です。

そして2つのプランにはそれぞれ1カ月ごとに支払いを行う「通常プラン」と、数カ月分を一度に払うことで実質の料金としては安く利用ができる「おまとめプラン」が設定されています。

そして通常プランとおまとめプランに分かれたうえでさらに、細かく使用状況によって選択ができるようになっています。

分かりにくいので、それぞれのプランに分けて視覚的に説明していきます。

 

ルータープラン

まずこちら「ルータープラン」はその名の通り、Wi-Fiルーターの機器から貸し出しを行ってもらい、回線も同時に契約するプランになります。

このサイトで他に紹介しているWiMAXやネクストモバイルなどと同じ、「ポケットWi-Fi」や「レンタルWi-Fi」の契約を検討している人はまずこのプランを見ていくとよいでしょう。

ルーターとSIMカードがセットになっていて、何も機器がない状態でも、ただ申し込みを行えばWi-Fiが利用できるようになるというものです。

 

通常プラン

フジワイファイの通常プランとは、通常の月額料金を1カ月分ずつ払うというものです。

ルータープランの通常プランには、合わせて6つの選択肢が存在します。

  月額料金 1GBあたりの利用料
4G/LTE いつも快適プラン 6,000円 データ無制限
200ギガプラン 4,800円 24円
100ギガプラン 3,800円 38円
50ギガプラン 3,100円 62円
25ギガプラン 2,500円 100円
WiMAX2+ with au 4G/LTEプラン 2,980円 データ無制限

データ容量によって分かれており、25GBから無制限までを選ぶことができます。

 

おまとめプラン

おまとめプランは、決められた数か月分を初月にまとめて一括払いすることで、実質の月額料金が格安になるというプランです。

具体的にはこの表のようになっています。

  まとめ期間 実質月額 1GBあたりの利用料
いつも快適プラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
5,700円
5,500円
5,300円
4,980円
データ無制限
200ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
4,700円
4,600円
4,500円
4,280円
23.5円
23円
22.5円
21.4円
100ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
3,700円
3,600円
3,500円
3,280円
37円
36円
35円
32.8円
50ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
3,000円
2,900円
2,800円
2,680円
60円
58円
56円
53.6円
25ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
2,400円
2,350円
2,300円
2,180円
96円
94円
92円
87.2円

1GBあたりの使用料で換算すると、かなり安くなっていることが分かります。

とくに13カ月まとめてのプランの安さは目を見張るものがありますね!

そのうえデータ量無制限というものもあるので、使えば使う程お得になるという仕組みになっています。

 

SIMプラン

ルータープランと違い、こちらはSIMカードのみをレンタルして契約をするプランです。

既にWi-Fiルーターを持っており回線のみを使いたいという場合や、スマホに直接入れて使いたい場合には、レンタルのルーター機器は必要ありません。

そういった状況に対応しているのがこのSIMプランというわけです。

SIMプランにも、通常プランとおまとめプランが存在します。

 

通常プラン

SIMの通常プランも、データ量によって複数から選択することができます。

ただしやはり、レンタルWi-Fiのメインはルーターの貸し出しになるためルータープランに比べれば選択肢は少なくなっているようです。

分かりやすく一覧表にしてみました。

  月額 1GBあたりの利用料
200ギガプラン 4,800円 24円
100ギガプラン 3,800円 38円
50ギガプラン 3,100円 62円
20ギガプラン 2,400円 120円

SIMの通常プランは、ルータープランと比べてデータ量の選択肢が少なく、料金としては同じ額でした。

次におまとめプランを見てみましょう。

 

おまとめプラン

おまとめプランは一定期間分をまとめて初月に一括払いすることで実質の月額量を安くするプランです。

SIMの通常プランはルーターの通常プランと同額でしたが、おまとめになるとSIMはさらに格安になるということが判明しました。

具体的な数字を表にまとめました。

  まとめ期間 実質月額 1GBあたりの利用料
200ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
4,700円
4,500円
4,300円
3,980円
23.5円
22.5円
21.5円
19.9円
100ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
3,700円
3,500円
3,300円
2,980円
37円
35円
33円
29.8円
50ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
3,000円
2,900円
2,800円
2,480円
60円
58円
56円
49.6円
20ギガプラン 3か月
6か月
9カ月
13カ月
2,350円
2,250円
2,100円
1,980円
117.5円
112.5円
105円
99円

ご覧のように、SIMプランは、初月の一括払いをすることによってルータープランよりも少しだけ安くできるようです。

200ギガプランを13か月先払いすると、1GBあたり20円を切るという値段設定は驚きです。

 

まとめ

データ量に換算すると、1GBあたりの利用料として一番安いのは【SIMプランの200ギガプランを13か月まとめ払い】するということになります。

この後項目として詳しく説明しますが、フジワイファイには契約年数の縛りがなく、途中のプラン変更も有料にはなりますが可能となっています。

他の会社で契約を行った場合、ポケットWi-Fiはプラン変更や2年縛りが当然のように存在することを考えると、まずは1カ月のお試しとして気軽に申し込みをするということも可能です。

ただ、おまとめプランで契約すれば安いのは確実ですがまずは難しく考えず単月利用のつもりで始めてみるというのもひとつの手かもしれませんね!

 

その他にかかる料金

さて、フジワイファイの格安な料金、そして選択肢の多さについて知れたことと思います。

しかしWi-Fiの契約には、月額料金以外にもお金がかかるということを心配されている方も多いのではないでしょうか。

端末代金や初期費用、オプションサポートが強制であったり、罠と言っても良いような様々な「その他の料金」で最終的には思いもよらぬ多額の請求が…なんてことは避けたいものです。

というわけで、月額料金以外に必要な料金について網羅していきます。

注意点は先に把握しておくと安心できますからね。

 

オプション料金

まずはオプション料金について。

フジワイファイには、「安心サポート」と「安心サポートpremium」「安心サポートpremium for SIM」の3種類が存在します。

いずれの場合も、加入によってフジワイファイの月額料金から毎月300円の割引を受けることができるので、特に基本プランは入らない理由がありません!

こちらは後ほど出てくる「弁済金」の補償を含むので、検討して損はありませんね。

 

安心サポート

安心サポートの基本プランは月額300円です。

内容としては、落下・水没の際の弁済金を一部免除してもらえるというもの。

各種サポートに申し込むことで毎月の月額利用料から300円の割引を受けることができるので、この基本プランに関しては実質無料でサポートを受けることができるんです。

ですので、強制ではありませんが入らない理由はないということになります。

 

安心サポートpremium

基本プランに320円を追加すると、安心サポートpremiumにアップグレードされます。

こちらはルータープランのためのプレミアムな安心サポートになります。

内容としては、基本の落下・水没に加えて盗難・紛失した際の弁済金にも補償ができ、さらにウイルスセキュリティの対策ソフトを計3台までインストールすることができるというもの。

しかもこの3台という範囲にはパソコンだけでなくスマホやタブレットなども対象に含まれているので、普通にセキュリティソフトのみで契約を行うよりもかなり安く済ませることができるという隠れた優良セキュリティ対策になります。

そしてレンタルWi-Fiの契約を1年以上行った場合にはバッテリー交換もできるという完璧なサービス体制なんですね!

 

安心サポートpremium for SIM

ではSIMプランのサポートサービスはというと、こちらにも上位バージョンが存在します。

その名も、「安心サポートpremium for SIM」です。

内容としては、SIMカードの破損・盗難・紛失に対する弁済金補償、そして使用機器とSIMカードの相性が悪かった場合の保障があります。

もちろんこちらにもウイルス対策のセキュリティソフトインストール権があるので心配ご無用。

よりSIMカード使用に沿ったサポートプランになっていることが分かります。

 

弁済金について

さて、サポートの中に出てきた弁済金についてお話しておきましょう。

「弁済金」とは、借りた物品が紛失や破損によって返却できない状態、また使用にたえない状態になった際に、補償金として払わなければならないお金のことを指します。

フジワイファイでは端末機器をレンタルして回線を提供するので、契約終了時には借りた一式を返却しなければならないんですね。

ですので、紛失や盗難によって返せない状態、また端末や接続に必要な線などを壊してしまって次に使う人が使えない状態であれば、弁償をするということになります。

知っておいてほしい点として、先程出てきた安心サポートの保証を受けていなければ、自然故障以外は故意であろうとなかろうと破損や紛失に対して弁済金を必ず支払わなければなりません。

端末の補償料としての支払いであるこれらはかなり大きな金額になってしまうので、強制ではありませんが、少なくとも安心サポートの基本プランにだけは入っておくと安心できるかと思います。

それでは、それぞれのプランの弁済金と内容について見ていきましょう。

 

ルータープランの場合

ルータープランの場合は、貸し出し機器が多い分弁済金も多額となっていることに注意が必要です。

具体的には、ルーター本体、電池パック、背面カバー、SIMカード、USBケーブルにそれぞれ弁済金が必要となります。

分かりやすく表にまとめてみました。

貸与機器 金額 安心サポートプラン
本体 20,000円 落下・水没 premiumのみ盗難・紛失
電池パック 落下・水没 premiumのみ盗難・紛失
背面カバー 落下・水没 premiumのみ盗難・紛失
SIMカード 4,000円 範囲外
USBケーブル 200円 範囲外

表を見て疑問に思った方もいるかと思います。

ひとつ注意点として、各種安心サポートプランに加入していても、SIMカードとUSBケーブルに問題があった場合は必ず弁済金を払わなければならないので、より慎重な取り扱いが必要です。

また、基本プランに加入している場合は落下・水没に対しての弁済金は必要ありませんが、盗難・紛失の場合premiumに加入していなければ2,0000円の支払いが必要となります。

 

SIMプランの場合

一方SIMプランで必要となる弁済金は、レンタル品のSIMカードとカードケースのみです。

SIMカードは、Wi-Fiを使用する際に実際に端末の中に入れて使わなければならないので直接壊したり紛失したりといった心配は少ないでしょう。

その分、逆にカードケースは普段使わないものとなりがちなので、しっかり保管しておくことが大切です。

表にまとめてみます。

貸与機器 金額 安心サポートプラン
SIMカード 4,000円 premiumのみ2,000円
SIMカードケース一式 800円 対象外

ご覧のように、各種安心サポートに加入していても、カードケースに対しての補償はありません。

またSIMカード本体に関しては落下・水没・盗難・紛失のいずれの場合にも、基本プランの場合4,000円、premiumの場合で2,000円の弁済金が必要となります。

 

プラン変更が可能

これまでフジワイファイについて様々な説明をしてきましたが、イチオシWi-Fiとして挙げているネクストモバイルとの大きな違いは、プラン変更が可能なことです。

通常のポケットWi-Fiでは、プラン変更ができない、かつ2年契約の縛りがあるというものも珍しくないなか、途中で変更ができるというのは大きなポイントですね。

ただしひとつ注意点として、変更時に1000円の手数料がかかることは覚えておきたいポイント。

しかし1000円かかるとは言え、例えば自分には容量の大きすぎるプランだった場合、普通は契約年数の終了まで使わない分の料金を払い続けなければならないのです。

そう考えると、損失が1000円で済むのはとても助かることに思えますね。

またあるプランを契約したけれど「エリアが狭かった!」とか「データ量が足りない!」なんてことがあった場合にも、プラン変更をすることで快適に使い続けることができます。

 

途中解約が可能

またプラン変更と同時に、フジワイファイは途中解約ができるという点が大きなメリットになります。

「途中解約の何がどうすごいの?」と疑問に思った方のために、こっそりと教えておきましょう。

実は、通常のモバイルWi-Fiルーターは、契約年数が2年以上と決まっていることが多いのです。

つまり使わなくなった場合も速度が予想外に遅い場合も、最低2年はお金を払い続けなければならないということ。

そしてどうしてもやめたいというときには違約金が発生し、10,000円以上かかってしまうこともあるんです。

その点フジワイファイは、無料で、いつでも解約ができます。

解約申し込みを行った次の月には返却が完了するという手軽さなので、無駄なお金を払い続ける心配もないんですね。

「途中解約可能」の凄さが分かったでしょうか?

ただし、途中解約が可能であるという大きなメリットには、それ相応の仕組みももちろんあります。

それは「レンタル」の形を取っているという点。

契約する私たちは、安くで申し込んですぐに解約したからといって、端末が手元に残ることはなく、必ず一式を返却することが必要になります。

落とし穴とまでは言えませんが、上手い話にはしっかり成り立つ仕組みがあるということですね!

 

縛りがないのにどうしてこんなに安くできるのか

ここまでで、フジワイファイはプラン変更可能・途中解約も可能という、顧客に優しすぎる驚きの契約体制を取っていることが分かりました。

そんな契約形態がとれる理由は、端末のレンタル制度を取ることによって業者側としてもコストが削減できるからでしたね。

しかし、安さに加えてこんなに縛りを緩くできる理由はやはり、それだけでは説明がつかない!と納得できない方もいることでしょう。

そろそろ気になってソワソワしてきただろうあなたに、さらなる安さの秘密をお教えしましょう。

主な要因は、

  • 広告をほぼ出さずにコスト削減
  • 電話対応をなくして人件費を削減
  • 本業は人材派遣企業を行い、別事業として運営している
  • 端末がレンタル=使い回しができる
  • 端末の紛失には弁済金を徴収するためマイナスなし
  • 回線は他社から借りたものを提供している

というところにあります。

やはりレンタルという体制が安さの大部分を占めているようです。

通常ポケットWi-Fiと呼ばれるモバイルWi-Fiルーターは、新品の端末を契約者が購入する形となり、解約後にも返却は必要ありません。

そういった業者の仕組みとして、設定上では端末代無料というところも多いのですが、Wi-Fi回線料としての月額利用料のなかに実は端末代金も少しずつ含まれており、2年の契約縛りによって端末代も徴収しているという形になります。

一方で端末レンタルで貸し出しという形にするのであれば、端末は業者の手元に戻ってくるものになります。

つまり会社にしてみれば、早期に解約されてしまった場合に「端末返却不要では元が取れない!」なんてことがないということ。

購入代金を月額料金に含める必要がないので、より安く提供できるというわけなんですね!

 

要するにMVNO(格安SIM)

フジワイファイの安さの理由、納得できたでしょうか?

安く提供できるレンタルWi-Fiですが、そもそもこの形を取れるのは「MVNO」、つまり格安SIMだから、ということなんです。

MVNOとは何かを知らない方に簡単に解説しておきましょう。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)の略で、日本語では仮想移動体通信事業者と呼ばれ、他社から回線などのインフラを借り受けた上で独自のサービスを加えて提供する事業者のことです。

簡単に言えば、フジワイファイはWi-Fiルーターを購入した上で借りた回線を使えるようにして顧客に提供しており、その端末自体は貸し出しの形で事業を行っているのです。

そしてフジワイファイで借りている回線は、LINEモバイルなどと同じソフトバンクの回線と、auの回線。

ケータイ・スマートフォンで有名な大手キャリアの回線なので、信頼と実績があって安心して使えるんです。

 

安いMVNOなら速度は遅い?

いくらソフトバンクやauの回線を使っているからと言って、「フジワイファイは格安SIMを使っているから安いらしい」と言われれば心配になるのは通信速度の遅さでしょう。

安いMVNOであれば、速度は保証されていないものと不安に思う人もいるかと思います。

実際LINEモバイルなどは肝心のピークタイムに遅くなりますが、フジワイファイではそんなことはありません。

名古屋市内で下り速度の実測値を調査したところ十分に使える速度を保っていました。

具体的には、午前中のオフィス内では30Mbps、午後10時頃では20Mbps程度あることが実証されました。

20~30Mbpsといえば、動画が中画質で何の問題もなく見れるほどには十分な速度です。

これらは実際に無制限プランを契約して測定して分かったことなので、実際に使ってみたら一番肝心な時に全然使えない!という事態は起こらないと言えます。

安心していただけたでしょうか?

 

どこで使えるの?FUJI WiFiのエリア

次は通信エリアについて確認していきます。

フジワイファイのエリアは4G/LTEとWiMAXの2つに分かれています。

実はこの2つ、お互いに弱点を補うような関係になっているのですが、フジワイファイでは両方を切りかえて使えるプランも存在するというのがすごいところなんです。

それでは見ていきましょう。

4G/LTE

大手プラチナバンド回線の4G/LTEが使えるプランでは、通信エリアも回線の範囲と同じになります。

大手キャリアということで、アンテナの数が多いので安定して日本のほとんどの場所でつながり、周波数帯が障害物にも強い電波なのでビルの奥などでも使うことができるというものです。

どこでもある程度の速度を保って安定して使いたい場合や、出張等で各地へ移動がある人にはこちらが向いていると言えます。

 

WiMAX

ソフトバンク4G/LTEと違い、WiMAXの回線は独自のものを使っています。

大手に比べればアンテナの数が少ないので、山間部や田舎では繋がりにくいこと、そして障害物に弱い電波なので地下の使用には向かないでしょう。

しかしWiMAX独自回線は都市部に圧倒的に強いという特徴があり、例えば都心部から動かず同じ場所での使用を検討しているなら、WiMAXがおすすめです。

 

WiMAX公式と比較してみる

フジワイファイにもWiMAXがあると分かったので、WiMAX公式のUQと比較してみましょう。

ズバリ結論から言ってしまうと、【速度もエリアも同じで、料金はフジワイファイが安い】ということになりました。

視覚的に分かりやすく、簡易表にしてみます。

  FUJI WiFi 4G/LTE FUJI WiFi WIMAX UQ WiMAX
料金
速度
エリア
データ容量
サポート

こんな感じです。

続いて表の5つの項目、【料金・速度・エリア・データ容量・サポート体制】をそれぞれ比較し、詳細を書いていきます。

 

料金で比較

フジワイファイはWiMAXが圧倒的に安いのが特徴。

WiMAXを提供している公式のUQも、業界の中ではデータ量無制限で格安なことで有名なのですが、フジワイファイは追随を許さない驚愕の2,980円。

表にしてみます。

  FUJI WiFi 4G/LTE FUJI WiFi WIMAX UQ WiMAX
料金 4,980円~6,000円 2,980円 4,380円

フジワイファイの安さが際立っています。

この安さであれば、他の項目が多少劣っていても許せるレベルなのですが、WiMAX端末としての機能は公式の提供するものと全く同じなのです。

これからの比較を参考にどうぞ。

 

速度で比較

プラチナバンド回線とWiMAXの独自回線を使っているので、速度は全く問題ありません。

とはいえ実測があると比較がしやすいと思いますので、口コミも含めて比べてみました。

  FUJI WiFi 4G/LTE FUJI WiFi WIMAX UQ WiMAX
最大速度 187.5Mbps 440Mbps 440Mbps
実測値 30~50Mbps 10~60Mbps 10~60Mbps

傾向としてはフジワイファイの4G/LTEは安定した速度が出せて、WiMAXはエリアにより速度の幅が広く特に都心部の電波の通りが良い所ではかなりのスピードが記録される、という感じのようです。

 

エリアで比較

フジワイファイのエリアは、前述した通り4G/LTEとWiMAXの2種類があります。

このうちWiMAXのエリアはUQのエリアと同じですので、こちらとソフトバンク回線の比較を行ってみます。

  WiMAX
ハイスピードモード
WiMAX
ハイスピードプラスエリアモード
FUJI WiFi
ソフトバンク回線
エリア 山間部や田舎以外の都市部 ほぼどこでも ほぼどこでも

上記WiMAXの2種類のモードは、ハイスピードモードが通常の無制限プランであり、同プランに4G/LTEを7GBまで使えるようにしたものがハイスピードプラスエリアモードとなります。

WiMAXのプラスエリアモードと、フジワイファイのソフトバンク回線はやはり大手キャリアのカバー力を発揮しているのでエリアも広いことが分かります。

 

データ容量

記事のはじめに料金をお伝えした際、フジワイファイにはデータ容量によって細かく分けられたプランが存在するとご説明しました。

具体的には、一番多く存在するルーターの通常プランで6つの選択肢があることになります。

分かりやすく一覧表にしてみました。

    データ容量
FUJI WiFi 4G/LTE いつも快適プラン 無制限
  200ギガプラン 200GB
  100ギガプラン 100GB
  50ギガプラン 50GB
  25ギガプラン 25GB
  WiMAX2+ with au 4G/LTEプラン 無制限
WiMAX ギガ放題プラン 無制限
  ライトプラン 7GB

ぱっと見でかなり多いです。

フジワイファイにはだいたい25GB刻みでデータ量ごとにプランが存在するので、自分に合った通信料でぴったり選ぶことができるのが大きなポイントとなりそうです。

 

サポート体制

ここまででフジワイファイは優秀なレンタルWi-Fiであると実証されてきましたが、ただ1つ、ウィークポイントを見つけてしまいましたので正直にお伝えします。

それは、サポート体制が整っていないということ。

フジワイファイには電話でのサービスサポートがなく、なにか困りごとが出てきても自分で調べて解決しなければならないのです。

その点では圧倒的にUQ公式が優位です。

このサイトまで辿り着いているあなたであれば問題ないかもしれませんが、もし万が一「機械に弱いから心配…」というのであれば、サポート体制が整っている公式のUQの方がおすすめということになりますね。

 

電話は一切つながらないので注意が必要

念押しで何度も書いておきますが、電話は一切、繋がりません。

サポートはないと考えてよいでしょう。

その点ではWiMAX公式のUQを利用する方が万全のサービスを受けられます。

ただ、ここで使われているWi-Fiは他社のWi-Fi端末としても使用されるものですし、回線も4G/LTEやWiMAXの独自回線ですので、大体の場合調べることで解決策は出てきます。

あなたが本当に致命的に機械に弱い場合や、個別に対応してもらいたいという人でない限りは問題ないのではないでしょうか。

どうしても問い合わせを行いたいという人には、サポートの整った業者での契約をおすすめします!

 

契約後にログインできるマイページが便利

ここまでフジワイファイについて、比較もふまえて事実をお伝えしてきました。

比較対象として用いたWiMAXは、モバイルWi-Fiルーター界では1,2を争う性能と安さで有名ですので、基準としては申し分ないものです。

そのWiMAXと比較しても劣らないフジワイファイのすごさ、なんとなく掴めているところではないでしょうか。

ここからは申し込みや契約について、もう少し細かい点を見ていきます。

というのも契約後にログインできるマイページがあるのですが、そこに接続すれば契約のほぼ全てができるようになっているほどの便利さなのです。

先程フジワイファイの弱点として、サポート体制が弱く電話がつながらないという点をお伝えしましたが、このマイページがそれらを補完しているといっても過言ではありません。

それでは具体的に何ができるのかを見ていきましょう。

 

追加契約

フジワイファイでは、機器の追加契約が可能になっています。

マイページを通して契約の更新を行うことで追加できます。

 

プラン変更・解約手続

フジワイファイの特徴である契約プランの変更や解約も、マイページを通して行うことが可能です。

15日までが締め切りとなっているので、思い立ったらすぐにインターネット上で解約を行えると考えるととても便利ですね。

 

契約者情報の変更

  • 契約者様情報の変更
  • 支払方法の変更
  • 本人確認書類の再登録

が可能となっています。

 

申込み内容の確認

契約内容の詳細を確認することができます。

データ容量を変更する際など、現在の申し込み内容を知っておきたい場合に活用しましょう。

 

機器保証サービスの申込や確認

  • 安心サポートの申込と確認
  • セキュリティサービスのキーコードの確認

を行えます。

 

マニュアルや領収書などのダウンロード

  • 領収書
  • APNプロファイル
  • 各種マニュアル

上記がダウンロードできます。

 

メールでの問い合わせ

注意点として電話は一切繋がらないと説明しましたが、メールでの問い合わせは行うことができます。

(画像)

しかも問い合わせフォームにはこのように、既にIDや氏名などの情報が入った状態で開くので、聞きたい内容のみを入力して楽に問い合わせることが可能です。

 

実際に使った感想

フジワイファイの速度については、実際に契約して測定し全く問題ないということをお伝えしました。

無制限プランについて、速度以外の感想も気になるところと思うのでここでまとめておきましょう。

(感想)

 

口コミと評判をまとめてみた

と、個人の感想はともかく、実際に契約した他の人はどう思っているのでしょうか。

良いもの、そして悪いものも含めて、口コミと評判を探してみました。

auからmineoに変更を検討中。変更すると通信費が5千円ほど安くなるけど、重いとも聞く

でもどっちみち頻繁に速度制限くらってたし、fuji wifi利用し始めたし、問題ない…か?

fuji wifi のFS030Wは普通に早くて快適

【RBB SPEED TEST】
2018/11/09(金) 10:04:50
下り:27.40Mbps
上り:10.26Mbps

こちらのFS030Wはルーターの通常プランで使用される端末です。

通信速度が落ちがちな午前中に27Mbps出ているのは安心ですね。

 

昨晩FUJI Wifiのスピードテストしてたら20Mを境にターボブーストがかかったかのように一気に40M程度まで行くのを見ていて楽しかった。

20Mbpsから40Mbpsまで速度が簡単に出るというツイートを見つけました。

Netflixの最高画質4Kを見たいなんてときでも、必要なのは25Mbps程度。

十分を通り越してすばらしい性能です。

 

fuji wifi simでも使えるから、U-Mobileから乗り換えるか

100ギガ3800円は安いな

13か月一括払いだと月約3000円ってのもすごいな

なにより縛りがないのがいい

元々別のWi-Fiを使っていた人にも、やはり魅力的な価格設定のようです。

自分の用途に対して性能に問題がないと思えるなら、13カ月分を一括払いにして思い切り安くしてしまうのもありかもしれませんね。

 

wimaxからfuji wifiに変えてみたけど、今のところ微妙。
家では使えるけどスーパーの中とか建物内あまり使えないからwimaxと変わらない気がする。
今日は台風のせいか不安定でゲーム出来ない。

選んだプランにもよりますが、WiMAXとは変わらないという意見もありました。

WiMAX自体がかなり性能の良いWi-Fiであるということもあり、過度な期待は禁物かもしれません。

 

自宅のネット回線を光ファイバーからFuji Wifiに乗り換えれば、通信費の節約になるかもと乗換検討を少ししてみた。しかし微妙との結論。頻度はそんなに無いけど、大容量のダウンロードやアップロードで今だけネット回線の速度が欲しい!って時は心もとない。。。

フジワイファイは、どうしても無線でのやり取りになるモバイルルーターです。

やはり光回線には及ばないとのことです。

使用用途がそもそも異なるので、こればかりは仕方がないと言えるでしょう。

 

最後に

この記事では、フジワイファイについて知れるざっくりとした情報をお届けしました。

結果として、プランによって選べる選択肢が多い上に、データ量とエリアは十分に使用できるほどにあり、通信速度も安定しているということが分かりました。

モバイルルーターとして有名なWiMAXと性能は同じでありながら、料金では驚きの安さを誇っているという点も特徴的でしたね。

またフジワイファイの大きなポイントとして、購入制ではなくレンタルによる回線の提供を行っているので、途中でのプラン変更や違約金無料での解約が可能という点は忘れてはいけないところでした。

こういった特徴に加えて、25GBから無制限までと目的や使用状況に合わせた選択ができるのでどんな人にもおすすめできるWi-Fiです。

ただし、レンタル品が嫌だという人、そして寄り添ってのサポートが必要な人には向いていないWi-Fiとなっているので、注意してくださいね。

レンタルということで在庫が限られることが予想されるので、数あるWi-Fiの中からフジワイファイを見つけた皆さんはこの機会にまずお試しから申し込んでみるのはいかがでしょうか。

あなたが自分にぴったりのWi-Fiを選んで、コストパフォーマンスよくネット生活を送れることを後押しできれば幸いです!

-ポケットWi-Fi

Copyright© ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.