ネクストモバイルを実際に契約して大解剖

ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト

ポケットWi-Fi

Y!mobileポケットWiFiはアドバンスオプションに要注意。本当に使えるWi-Fiを提案します

更新日:

ポケットWi-Fiの契約を検討している人もいるのではないでしょうか。しかし、どの機種にしようか迷っているかもしれません。ワイモバイルのポケットWiFiも選択肢のひとつです。

結論から言うと、ワイモバイルのポケットWiFiはおすすめできません。なぜなら、ワイモバイルのポケットWiFiには以下の6つの注意点があるからです。

  • 無制限で使える「AXGPエリア」が狭い
  • 基本となる通常のモードは月間7GBまで
  • 通常モードでのデータの追加料金
  • 3日10GBの制限あり
  • どこでもつながるモードは上限7GB
  • 無制限エリアがWiMAXより狭い

そこで今回は、実際に使っている人の口コミを合わせて、ワイモバイルのポケットWiFiがおすすめできない理由を説明したうえで、最強のWiFiは何かについてご紹介していきます。

Y!mobileのポケットWiFiとは

ワイモバイル(Y!mobile)のポケットWiFIとは、ソフトバンクが提供するモバイルルーターです。

モバイルルーターとは、どこでも気軽に持ち運びができる小型の通信端末のことです。そこから電波を飛ばして、スマホやタブレット、パソコンなどでインターネットにつなぐことができます。

ワイモバイルでは、低価格を売りにCMや家電量販店でも大きく宣伝されているため、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

料金プラン

料金プランは端末によって変わりますが、基本的には2種類です。

  • Pocket WiFiプラン2……月々3,696円~
  • Pocket WiFiプラン2ライト……月々2,480円~

それぞれ大きな違いは、月々の通信容量にあります。

Pocket WiFiプラン2はベーシックなプランで、7GBまでは4Gの高速データ通信が利用できます。また、詳しくは後述しますが、月額684円で無制限のアドバンスモードに変更可能です。

Pocket WiFiプラン2ライトは低価格ですが、月々のデータ通信量は5GBまでとなっています。ちなみに、アドバンスモードには対応していないため、無制限で利用することはできません。

アドバンスモードとは?

アドバンスモードとは、高速通信を無制限で利用できる通信モードです。

通常モードでは、1ヶ月の通信量が7GBを超えると速度制限がかかり、通信速度も最大128Kbpsになります。これでは、動画視聴などに支障が出てしまい、ストレスを感じてしまうでしょう。

しかし、アドバンスモードであれば通信制限の心配がないため、通信量を気にせずに使用できます。ただし、契約する端末によっては利用できないこともあるため、注意が必要です。

Y!mobileのポケットWiFiルーターを比較

現在、ワイモバイルでは5種類のルーターから選択することができます。

どれくらいの速度が出るのか、どの機種でアドバンスモードが利用できるかなど、気になるところはたくさんあるはずです。そのあたりのことを、表にしてまとめてみました。

603HW 504HW 502HW 601ZT
メーカー HUAWEI HUAWEI HUAWEI ZTE
最大通信速度 下り612Mbps 下り261Mbps 下り185.5Mbps 下り112.5Mbps
連続通信時間 約8.5時間 約9時間 約10時間 約10時間
データ量 7GB 7GB 7GB 5GB
アドバンスモード ×
重量 約135g 約157g 約150g 約93g

ソフトバンクのWiFiスポットが無料で利用できる

ワイモバイルに加入すると、月額467円のソフトバンクのWiFiスポットが無料で利用できます。

「ソフトバンクWiFiスポット」とは、ソフトバンクが提供している公衆無線LANサービスのことです。JRの主要駅や空港、カフェなどにあり、インターネットに接続することができます。

ワイモバイルではアドバンスモード以外の接続は7GBの通信制限があります。WiFiスポットを上手に活用して、月末の速度制限に頭を抱えないようにしましょう。

アドバンスオプションに注意

先でも少し触れたように、ワイモバイルには「アドバンスオプション」というものがあります。

これを利用するためには、「Pocket WiFiプラン2」に加入している必要がありますが、「アドバンスモード」に設定することで7GBを超えても無制限で高速データ通信を楽しむことができます。

インターネットに接続する機会が多い人にとっては非常に便利な機能です。しかし、アドバンスオプションを利用する上で、いくつかの注意点を知っておかなければいけません。

無制限で使える「AXGPエリア」が狭い

アドバンスオプションは、通信方式「AXGP」の提供エリアで利用することがます。

そもそも、AXGPエリアとはソフトバンクの4Gエリアのことです。AXGPはキャリアグリエーション(CA)を採用したことにより、従来よりも高速通信が可能になっています。

問題は、自分が住んでいる地域に対応しているかどうかです。

しかし、アドバンスモードが対応しているエリアは非常に狭くなっています。以下画像は、ワイモバイルが対応していることが分かるエリアマップをキャプチャーしたものです。

ワイモバイルのエリア

引用:https://www.ymobile.jp/area/map/index2.html

赤色が通常エリアで、青色がアドバンスモードと、それぞれ色分けしてあります。

赤色の「通常エリア」は都市から山間部まで対応していますが、青色の「アドバンスモード」は東京や大阪、名古屋といった大都市でしかほとんど対応していないことがわかります。

もしワイモバイルのポケットWiFiを契約するのであれば、事前に「エリアマップ」で自宅や職場などが対応しているのかどうかの確認をしておきましょう。

基本となる通常のモードは月間7GBまで

アドバンスモードの対応エリア外の人は、通常モードを利用するしかありません。

たまにインターネットへ接続する程度なら大きくストレスを感じることはないですが、毎日スマホやタブレット、パソコンなど、様々な機器を利用する人なら、契約を再検討した方が良いでしょう。

なぜなら、通常モードだと7GBの制限があるからです。

それでは、7GBでどれくらい使うことができるのでしょうか。ソフトバンクの公式では、1ヶ月7GBに到達するまでの目安を以下のように回答しています。

  • メールの受信 1ヶ月1,870万通
  • WEB閲覧 50,600ページ
  • 動画視聴 33時間
  • 音楽ダウンロード 1,790曲

なお、ここで表記してある動画視聴は低画質での視聴を想定しています。高画質で視聴した場合は、数時間程度であっという間に制限速度になる可能性があります。

このように、通常モードだけでは物足りないという人も出てくるでしょう。

通常モードでのデータの追加料金

それでは、アドバンスモードの料金はどれくらいなのでしょうか。

アドバンスオプションは月額684円です。Pocket WiFiプラン2が月額3,696円~なので、ストレスなくインターネットに接続するためには最低でも月額4,380円を支払わなければいけません。

また、対応エリアでも場所によってはアドバンスモードが利用できないところもあるようです。契約してはじめて分かることなので、イチかバチかの賭けになってしまう人も出てくるでしょう。

基本的にはWiMAXと同じだけど・・・

無制限で通信できるというポイントでは、WiMAXと変わりありません。

しかし、ワイモバイルの場合は「アドバンスオプション」で月額684円を追加で支払わなければいけません。ちなみに、WiMAXでは「ギガ放題」プランにすれば無制限で利用できます。

たしかにWiMAXと似通っている部分はあるものの、2つのサービスを比べると明らかにワイモバイルが劣っているところもあります。その代表的な3つの例をご紹介します。

3日10GBの制限あり

通常モードでは、7GBを超えた時点で通信速度が約1Mbpsに落ちてしまいます。

しかし、アドバンスモードでも“無制限”としているにも関わらず、一定の条件を満たすと速度制御されることがあります。その目安となるのが「3日間で10GB(通常モードは7GB)」です。

この場合、当日18時~翌日1時まで通信速度が約1Mbpsまで制限されます。追加料金を支払っているのにも関わらず、速度制限があるのはデメリットに感じてしまうのではないでしょうか。

WiMAXでは3日間で10GBを超えると、翌日の18時~翌々日2時に通信速度が約1Mbpsになります。ただし、WiMAXの場合はオプションで無制限になっているわけではないため、ある程度許容範囲内と思えるかもしれません。

無制限エリアがWiMAXより狭い

ワイモバイルには「アドバンスモード」と呼ばれる便利な機能があります。

先にもご紹介した通り、無制限で利用できるエリアは非常に狭くなっています。そのため、東京や大阪、名古屋などの中心部以外の方のほとんどは通常モードを利用することになります。

しかし、通常モードは7GBの制限があります。これでは、「AXGP」エリア対象外で、頻繁にインターネットへの接続をしたい人には、ワイモバイルを使うメリットがほとんどありません。

一方でWiMAXの場合は、WiMAXエリア全域が無制限の対象地域となっています。つまり、無制限で利用できるエリアは、ワイモバイルよりWiMAXの方が圧倒的に広いということです。

ポケットWiFiの評判

実際に、ワイモバイルと契約した人はどのようなことを感じているのでしょうか。

ここでは、料金やサービスといった観点から「良い口コミ」と「悪い口コミ」をそれぞれご紹介していきます。ツイッターの内容から、ワイモバイルの実態について確認していきましょう。

ポケットWiFiの契約を検討する上で、参考にしてみてください。

良い口コミ

ワイモバイルの料金や速度に満足している人も多くいるようです。

悪い口コミ

ワイモバイルの口コミでは、マイナスの評価をしている人も少なくありません。

特に多かったのが、通信速度に関する口コミです。気軽に利用できるサービスであるにも関わらずストレスを感じることがあれば、乗換えを検討せざるを得なくなってしまいます。

やはり、利用する場所によって通信速度が大きく違ってくるようです。

 

結論:ポケットWiFiに代わる最強のWi-Fiは?

-ポケットWi-Fi

Copyright© ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.