ネクストモバイルを実際に契約して大解剖

ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト

ポケットWi-Fi

WiMAXのエリアと速度に注意!もっともオススメのモバイルWiFiとは

更新日:

WiMAXって周りで使っている人もいるし、どこでもネットが使えて便利だからと契約することを考えているんじゃないかと思います。

毎日外でパソコンやケータイでインターネットを開くのであれば、モバイルWiFiがあると通信料も気にすることなく、いつでもどこでも気軽に楽しむことができますよね。

動画サイトやビデオオンデマンドなどで動画を観て空いた時間を過ごしたいと思うなら、通信制限がかかってしまうかもしれないし、格安スマホなどで速度が遅かったり料金面が心配な方もモバイルWiFiがあれば安心です。

モバイルWiFiを選ぶなら、料金だったりサービスだったり魅力が多いからやっぱりモバイルWiFiで人気ナンバーワンのWiMAXがいいって思いますよね。

ただ、実はWiMAXにはチェックしておかないと損をしてしまうかもしれない大きな落とし穴があるんです!

この記事では、一見魅力が多いと感じるWiMAXについて、

  • 無制限エリアの注意点
  • 速度は本当に早いのか
  • 通信料は本当に無制限なのか

を中心にわかりやすく解説していきます。

この記事を読んでいただければ、あなたにとってWiMAXが本当に合っているのか、また、もし合っていないのであれば、他にどんな種類のモバイルWiFiがあるのか知っていただくことができますので、ぜひ最後まで読み進んでください。

WiMAXとは

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ社が出しているモバイルWiFiの「UQ WiMAX」のことです。

これを持ち運びすることで、電波状況が整っていれば、自宅で使う通信回線に劣らないスピードで、いつでもどこでもケータイやパソコン、タブレットなどの端末機器でインターネットを使うことができます。

一般的に言われているWiMAXのメリットを説明すると以下のようなものがあります。

  • 自宅でも外出先でもインターネットを使える
  • モバイルWiFiの中で通信速度がトップレベル
  • 通信制限がほぼ無制限
  • 月額の料金が安い
  • 工事をする必要がない

WiMAXが人気ナンバーワンなのも納得です。

無制限エリアに注意!

ここまでは、WiMAXがどんなものか、なんとなくでも分かっていただけたのではないでしょうか。

そしてここからは、WiMAXでインターネットが使える無制限エリアについて説明していきます。

WiMAXの機器があれば、電波状況が整っていれば使う事ができます。しかし、契約をしたのはいいけど、自宅の場所や外出先では繋がりにくいといったことが起きるかもしれません。

契約してから困るということが無いように、しっかりと把握しておきましょう。

大手携帯会社とはエリアが違う

WiMAXでインターネットが使える無制限エリアの特徴として、まず大手の携帯会社の提供しているエリアとは異なっています。

ケータイの電波状況が良く、インターネットを使うのになんの支障もないからといって、WiMAXも電波状況がいいとは限りません。

なぜエリアが違うのか

WiMAXと携帯会社とでエリアが違う一番の理由としては、基地局の数です。基地局は簡単に言うと、インターネットとつなげるためのアンテナのことです。

もともと大手携帯会社は、生活のインフラを整えるために基地局をいろんな所に設置してきました。そのおかげで広い範囲でどこでも携帯電話を使うことができています。

WiMAXも拡大していくためにアンテナの数を増やしていますが、まだ大手の携帯会社が場所によって差があります。docomoのLTE基地局の数は公式の発表で約16万局ですが、WiMAXの基地局の数が約3万局とまだまだ少ないため、全国的に見れば、エリアは違ってきます。

郊外では圏外なことが多い

大手の携帯会社もWiMAXも、主要都市ではどこでもつながりますが、郊外になると、差が大きく出てきます。郊外になると、WiMAXでは電波が届かない
場所が増えてきて、圏外ではWiMAXは使えません。

たまたま行った場所が無制限エリアの外でWiMAXが使えないのであればまだいいですが、自宅や普段から利用する場所が使えなければ、WiMAXはおすすめできません。

地下はほとんどつながらない

主要都市でもWiMAXが繋がらないという場合があって、その一つが地下鉄です。大手携帯会社の電波は地下でも届きますが、WiMAXは繋がりません。

大手携帯会社と違いWiMAXがエリア内にも関わらず、地下だと電波が届かない理由は、電波の周波数の違いにあります。

電波の特徴として、周波数が上がれば、その分まっすぐ進み遠くまで届く特性が強くなります。また、周波数が下がれば、その分柔軟に曲がりやすく回り込んで届く特性が強くなります。

なので、逆に周波数が高いと電波が回り込むことができず、低いと遠くまで届きにくくなります。

そして、大手の携帯会社では基本的に低周波といわれる800MHz(メガヘルツ)などの周波数の電波に対して、WiMAXは基本的に高周波といわれる2.5GHz(ギガヘルツ)などを利用しています。

なので、地下になると高周波を利用しているWiMAXは電波が回り込むことができず、エリア内でも急に届きにくくなります。

大きなビルの奥も厳しい

そして、地下以外にも大きなビルの奥に入れば、WiMAXの電波状況が厳しくなっていきます。

これも地下と同様で、WiMAXの高周波の電波は、まっすぐ遠くまで進んでいく特性を持っていますが、障害物があれば通り抜けることが困難になりますので、ビルが障害物になり、届きにくくなります。

建物の中はつながりにくい

ビルの奥でなくてもWiMAXの高周波の電波では、屋根があるだけで電波が届かないという場合もあります。なので、エリア内に自宅や普段利用する場所があったとしても、電波が届かなければWiMAX以外の方法を考えた方がいいかもしれません。

建物の中で届きにくい時に、窓際や少し高さのある所などにWiMAXを置くと電波が届きやすくなる場合があるので、WiMAXを使うのであれば知識として知っておきましょう。

速度にも注意が必要

ここまでは、エリアや電波が届かない条件についてお話してきましたが、エリアの範囲内で、電波も届いていればWiMAXはいつも通り使えるというわけではないので、その注意点について解説していきます。

WiMAXの速度は場所によって大きく違う

電波が届いていたとしてもWiMAXの通信速度は、場所によって速くなったり遅くなったりします。

WiMAXの周波数は変わることはありませんが、電波が届いてたとしてもビルなどの建築物や壁などといった障害物があると、電波が届きにくくなり、通信速度が遅くなってしまいます。

WiMAXの電波は干渉して遅くなる

WiMAXの通信速度が遅くなる原因として、障害物のある場所以外にも、WiMAXの電波に周波数が近い、電子レンジやBluetooth、wifi機器などを近くで使うと、電波が干渉して遅くなることもあるので注意しましょう。

本当に無制限なの?

WiMAXの購入を検討する際に注意するべき、WiMAXのエリアや速度についてて説明しましたが、ここからはそもそも無制限で使い放題なのかについて解説していきます。

WiMAXには、届きにくいエリアの対策や通信料の制限があります。

WiMAXの高周波の電波でも使うことのできるエリアの中での利用で、さらに通信料も制限内であれば、無制限として使えてるのと同じかもしれませんが、そうではない場合について説明していきます。

無制限で使えるエリアは狭い

これまでも説明してきたようにWiMAXを無制限で使えるエリアはとても狭いです。郊外になれば電波を発信する基地局が少なく、地下やビルなど障害物がある場所だと電波が届きにくくなってしまいます。

もしエリアが狭いために十分にWiMAXを使いこなすことはできないのであれば、実質的に無制限でWiMAXを使うことはできません。

3日10GBの制限あり

WiMAXの無制限プランには、3日で10GBという通信制限があります。

まず、10GBについてですが、Youtubeを各画質で5分間視聴した場合にかかる通信量の目安を表にしました。

視聴画質 通信量 10GBになる回数 10GBになる時間
超高画質 約110MB 約90回 約7時間
高画質 約60MB 約65回 約13時間
標準画質 約18MB 約570回 約47時間
低画質 約10MB 約1000回 約83時間

超高画質であれば3日間のうちにたったの7時間ほど動画を視聴するだけで通信制限がかかってしまいます。これだと1日に2時間ちょっとで制限がかかってしまうことになります。高画質であれば、1日平均4時間以上動画を観なければ制限がかかることはありません。

ただ、上の表はあくまでも目安ですので、数値は前後する場合があります。また、WiMAXを使う際にYoutubeやビデオオンデマンドなどの動画サイト以外にもゲームやミュージックなどといった通信量を多く必要とするアプリやサイトを使うと動画を観てなくても知らず知らずのうちに3日で10GBを超えてしまうこともあるので、気になるときはWiMAXのルーターで通信量の確認をましょう。

もし3日間に10GBの通信量を超えてしまった場合は、超えてしまった日の翌日18時頃から翌々日の2時頃まで通信速度に制限がかかり、通常の速度と比べて遅くなってしまいます。

また、翌々日の2時前から続けてWiMAXを利用している場合には、2時を過ぎて最長で6時まで通信速度に制限がかかってしまうことがあります。

そして、速度制限がかかってしまった場合の通信速度についてですが、速度制限がかかってしまった後の通信速度は1Mbps(メガピーピーエス)です。ただし、1Mbpsは、送受信の際の最大の数値であって、電波状況によって実際の通信速度はそれ以下になることもあります。

ちなみに、1Mbpsの目安としては、Youtubeの動画を標準レベルの画質で観ることのできる通信速度です。

auのLTEを使えるけど7GB制限あり

WiMAXの高周波の電波が届かず、圏外になってしまったり、障害物があり電波が弱まってしまった場合に、大手携帯会社であるauのLTEという電波を使うことができます。LTEは低周波の電波で障害物があっても回り込んで届きやすいため、地下でも建物内でも広範囲で使えるので便利です。

ただし、LTEを使うには以下のような条件があります。

  • 2年契約だと月額1,005円を支払う
  • LTEの制限は7GB

3年以上の契約であれば無料で利用できますが、2年の契約であれば1,005円かかります。また、7GBという制限があり、それを超えるとLTEの状態では、128kbpsという超低速の通信速度になってしまいます。

 

WiMAXの料金は?

UQ WiMAXの料金プランについて紹介します。

月額通信量を上限なく使える「UQ Flatツープラス ギガ放題」

料金プランの名称 UQ Flatツープラス ギガ放題(2年) UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)
月額 4,380円 4,380円
毎月の通信量の上限 なし なし
月額のLTEオプションの料金 1,005円 無料
契約年数 2年 3年
auスマートバリュー mineの月額最大割引 1,000円 1,000円

この料金プランの特徴としては、毎月の通信量に上限がなく、使い続けることができます。また、3年ならLTEオプションが無料で使えるので制限内であれば、ほとんどの場所で使うことができます。

通信量を抑えめにして月額の料金を下げるUQ Flatツープラス

料金プランの名称 UQ Flatツープラス(2年) UQ Flatツープラス(3年) UQ Flatツープラス(4年)
月額 3,696円 3,696円 3,696円
毎月の通信量の上限 7GB 7GB 7GB(auスマートバリューmine加入者は上限なし)
月額のLTEオプションの料金 1,005円 無料 無料
契約年数 2年 3年 4年
auスマートバリュー mineの月額最大割引 1,000円 1,000円 1,000円

毎月の通信量が7GBになることで、月額の料金を下げることのできるプランです。そして、3年と4年のプランだとLTEオプションが無料で制限内なら使い放題です。

その他オプションサービスの一部紹介

サービス内容 月額料金
修理や紛失などの補償 380円
映画やドラマなどの動画が見放題「U−NEXT」 1,990円
音楽聴き放題「レコチョク Best」 908円
ウイルスやスパイウェアの対策 500円

これら以外にもいくつものオプションがあるので、WiMAXの購入を検討するのであれば、オプションを付けることも考えてみてもいいかもしれません。

結論:WiMAX以外の最強Wi-Fiルーターはこれ

-ポケットWi-Fi

Copyright© ネクストモバイルを契約!Wi-Fi徹底攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.